結婚式30周年の結婚記念日は『真珠婚式』です。

結婚式30周年の結婚記念日は『真珠婚式』

結婚式30周年

結婚記念日の数え方

結婚記念日の数え方は、結婚式から何回目という数え方です。
結婚式からの満年数、結婚式から経過した満年数となります。

1年後が1周年、30年後が30周年

結婚式当日の翌年が結婚1年目、記念すべき1回目の結婚記念日です。

結婚30周年ということは、 結婚式当日の翌年が30年の年月が必要ということですね。

結婚30周年、思えばアッという間

1990年結婚

1990年5月27日、私たちは結婚しました。
爽やかな初夏を思わせる日だったことを覚えています。

私は26歳、妻は25歳、出会ってから2年後のことでした。

2020年は結婚30周年

来年2020年の結婚記念日は結婚30周年、『真珠婚式』です。

結婚して29年が経過、振り返るとアッという間です。

苦労もあったけど(妻)

その後、子供3人(しかも男)にも恵まれ、元気に育ち、色々と苦労(妻が)もありましたが、ここまで過ごしてこれました。

アッという間の29年、アラカンと呼ばれる年齢となり、年を取るごとに時間が過ぎるのが早いと言いますがそう感じます。

まだまだこれから

もちろんまだまだ元気、これからもがんばります!

結婚は人生の墓場と言うけど

結婚式30周年の結婚記念日は『真珠婚式』

本当に墓場?

よく「結婚は人生の墓場」と言われますけど、個人的には「そんなこともない」と感じています。

なぜ「結婚は人生の墓場」なのか、”自由がなくなるから”ということが一般的に言われますが・・・

墓場かもしれません

たしかに結婚すれば独身時代のように自由気ままに夜な夜な遊び歩く、給料だって家庭のため、独身時代のように好き勝手・使い放題というわけにはいきませんよね。

そういう意味では、冒険したい男性諸君にしては「墓場」と称されるかもしれません。

奥さんも思っているでしょう

女性も同じですよね。

おしゃれに遊びたい、綺麗に楽しみたい、奥さんだって「結婚は人生の墓場」と思っていることでしょう。

でも「結婚は墓場」って違う意味では?

結婚は墓場かな?

「結婚は人生の墓場」という言葉、「自由でない」=「墓場」という意味で正しいのでしょうか?

でも「結婚は人生の墓場」の「墓場」って、そのようなネガティブだけな意味ではないと思います。

墓場かもしれないけど・・・

たしかに”顔も見たくない”、”お互いの存在にうんざり”なご夫婦には「結婚は墓場」かもしれませんが・・・

でも、このままお互い人生を全うしたら同じお墓に入ることになりますよね?

あれっ? これって?

死んでも一緒、それが結婚

結婚式30周年の結婚記念日は『真珠婚式』

『永遠の愛』誓いましたよね?

「結婚は人生の墓場」、その「墓場」といういうのは「死んでも一緒」という最高の愛・永遠の愛の表現のようです。

思い出してください、神前でも教会でも「永遠の愛」を神様の前で誓ったこと。

『生涯、愛します』宣言しました

神様の前で「誓います!」と宣言したでしょう。

その瞬間「結婚」=「墓場」が成立したことになりました。

結婚、その先はわかりませんが

結婚式30周年の結婚記念日は『真珠婚式』

元々は他人

神様の前で誓ったはずですが、すべての夫婦が必ずしも「墓場」まで一緒とは限りません。

元々は他人同士、結婚してわかったこと、環境の変化など様々な理由でやむなく別れることもあります。

別れることも幸せ・・・

それは当人でしかわからないこと、どうしようもないことであり、仮面夫婦を演じつまらない時間を過ごす必要もないでしょう。

スポンサーリンク

結婚記念日って色々ある

結婚式30周年の結婚記念日は『真珠婚式』

結婚記念日、お祝いしましょう

結婚記念日の数え方は、年齢と同じで結婚したその年は0年目、結婚した年の1年後が結婚1年目の記念日となります。

例えば、1990年5月27日に結婚した場合は1991年5月27日が結婚1周年、2000年5月27日が結婚10周年、2010年5月27日が結婚20周年、2020年5月27日が結婚30周年となります。

結婚記念日 一覧

【1年目】紙婚式
【2年目】藁婚式(綿婚式)
【3年目】革婚式
【4年目】花婚式
【5年目】木婚式
【6年目】鉄婚式
【7年目】銅婚式
【8年目】ゴム婚式
【9年目】陶器婚式
【10年目】錫婚式(アルミ婚式)
【11年目】鋼鉄婚式
【12年目】絹婚式
【13年目】レース婚式
【14年目】象牙婚式
【15年目】水晶婚式
【20年目】磁器婚式(陶器婚式)
【25年目】銀婚式
【30年目】真珠婚式
【35年目】珊瑚婚式
【40年目】ルビー婚式
【45年目】サファイア婚式
【50年目】金婚式
【55年目】エメラルド婚
【60年目】ダイヤモンド婚

結婚25年『銀婚式』、結婚30年『真珠婚式』

結婚式から25周年となる『銀婚式』、30周年は『真珠婚式』、10年・20年と大きな節目を過ぎた25周年・30周年、一つの区切りとなる年でもあります。

結婚して子供が早々に誕生すれば、成人となり親としての役割もひと段落するタイミングでもあります。

新たな人生の始まり

”子供のため”に頑張ってきた生活が落ち着く記念日かもしれません。

子育てに追われてきた人生、新たな人生の始まりにもなりそうです。

結婚記念日50周年は『金婚式』

結婚式から50周年となる『金婚式』、その日を迎えられるということは素晴らしいことですね。

20歳で結婚したら71歳となった年に『金婚式』を迎えることになります。

『金婚式』、それは人生にとって夫婦にとって素晴らしい記念日となるのではないでしょうか。

JiJiは、もうすぐ結婚30周年

ありがとう

結婚30周年の話から脱線してしまいましたが、今現在(2019年6月)まで一緒に居てくれる妻に感謝します。(明日はわかりませんが。汗)

色々(?)あったけど、子育てをがんばってくれたこと、家族のためにがんばってくれたこと、ありがとう。

しかし妻は気にしてないようで

妻はどう思っているのか不明ですが・・・

来年は結婚30周年、この先いくつの結婚記念日を迎えられるのでしょうか。

一緒に墓に入るのか、生きているけど結婚記念日を迎えられないのか・・・

感謝。これからもよろしく

とにかく感謝です。そしてこれからもがんばりましょう。

よろしくお願いします。

結婚記念日のプレゼント

結婚式30周年の結婚記念日は『真珠婚式』

結婚記念日を祝おう

結婚記念日のプレゼント、どんなプレゼントを喜んでくれるが悩みますよね。

結婚記念日はやっぱり特別な日、心のこもったプレゼントを贈りたいです。

プレゼント、あなたの気持ちが一番

感謝の気持ち、自分なりに考えてプレゼントすれば、きっと喜んでくれることでしょう。

来年、私達は『真珠婚式』を迎えるわけですが・・・

やっぱり真珠?ですかね・・・

でも忘れているかも・・・

ちなみに今年の結婚記念日、妻は忘れていました。

これでは来年の結婚記念日は期待できませんかね。
結婚30周年『真珠婚式』なのに・・・

みなさんも末永くお幸せに。